Hangame 公式ブログ

公式ブログ

アクションRPG『エルソード』では、昨夏に登場して大好評だった「アラ・ハーン」、
昨年末の「エリシス」に続き、9 人目のプレイアブルキャラクター、
狂気の天才科学者「エド」が今夏、登場します!

●新キャラクター「エド」 特設サイト
http://add.hangame.co.jp

01
「エド」のキャラクターボイスは、「東のエデン」滝沢朗役、
「ROBOTICS;NOTES」八汐海翔役などでおなじみの木村良平さんがご担当!
02
特設サイトでは、サンプルボイスを公開いたしました。
また、収録を終えたばかりの木村さんから、メッセージもいただいています。
ぜひチェックしてくださいね。

さらに、今ならTwitter キャンペーン「エド拡散ミッション」も実施中!

エドのPVを楽しみながら、拡散ミッションに参加すると
木村さんのサイン色紙やオリジナルWebMoney カード(500Point)、
ハーゲンダッツギフト券などが抽選で当たります。
03
また、拡散数が3,000 件を超えると、
参加者全員にゲーム内のアクセサリーアイテム「バンドエド」をプレゼント!
05
詳細は、以下の特設サイトをチェック!
みなさん、ぜひキャンペーンに参加してくださいね(7/22まで)。
http://elsword.hangame.co.jp/event/add/event1.nhn

PVの楽曲は、ニコニコ動画で国内外から熱い注目を集めている
ボカロ界の貴公子、八王子P さんにご担当いただきました。
PV ではショートバージョンとして先行公開していますが、
2014 年8 月にリリース予定の八王子P のニューアルバムには、フルバージョンが収録される予定です。
こちらもぜひチェックしてください!
06
また、エドの特設サイトでは、7月中は、毎週水曜日の更新を予定!
前夜祭ミッションや生誕祭ミッションなどのイベントを順次行っていきます。

今年の夏も、『エルソード』から目が離せませんね。

●エルソード
http://elsword.hangame.co.jp/lp/

早いものでもう7月。
夏は、すぐそこまで来ていますね!

夏といえば、海や花火、お祭りなど楽しいことがいっぱいありますが、
今日は、当社にて今夏登場予定のスマートフォン向けタワーディフェンスゲームを
ちょっとだけご紹介します!

その名は、『我が城に敵なし』!!

logo

Q. どんなゲームですか?

01
02
Q.どんな特徴がありますか?
03
Q.グランディングとの共同開発ということは・・・?

04

【攻城戦】
タッチ操作で、お手軽に武将を指揮!
敵城を攻め落とせ!
ss_02
【築城】
建物を配するだけのカンタン築城!
多様な建物の組み合わせが楽しい!

ss01

7月中旬に続報の発表を予定しています。
どうぞご期待ください!

5月にサービスを開始したばかりのサッカー戦略シミュレーションゲーム『FOOTBALL DAY』
プロデューサーの己越千清にゲームの魅力や運営の舞台裏、
今後行っていきたいことをインタビューしました。

01
サッカーが大好きだという己越は、サッカーゲームには興味がないという方も
『FOOTBALL DAY』を訪れてほしいと語ります。果たしてその真意とは? 


●サッカーの魅力をそのままゲームに! 
サッカー戦略シミュレーションゲーム『FOOTBALL DAY』

――まず、『FOOTBALL DAY』のご紹介をお願いいたします。

己越: 『FOOTBALL DAY』は、選手を動かすサッカーゲームではなく、
プレイヤーが監督となってリーグを制覇していくシミュレーションゲームです。
実名で登場する欧州リーグで活躍する選手たちの中から自分だけのドリームチームを作り、
フォーメーションを組み、戦術を立てることはもちろん、
試合途中に戦術を変更したり、選手の交代も行えます。
スマートフォンでも、PCでもプレイできるので、いつでもどこでもお楽しみいただくことができます。


――『FOOTBALL DAY』の魅力は、どんなところですか?

己越: 実際の試合さながらのリアルなシミュレーションを楽しめるところです。
勝敗は、戦略指示やフォーメーション、選手たちの細かなステータスなどによって変化し、
対戦相手が、数字上では強いチームであっても、試合中の指示1つで逆転することもあります。
また、同じ国、同じリーグ、同じクラブの選手たちは、絆の線でつながっていき、
何度も一緒に試合をするなど、関わりが多くなればなるほど線は太くなり、
太ければ太いほどチームワークが良くなっていきます。
リアルのサッカーと同じでチームワークが良く、試合中の戦略指示が適切だと、
戦力的には弱いチームであっても勝利する可能性は十分にあります。

02
▲勝負の行方は、あなたの腕次第!


――サッカーの魅力をそのままゲームに取り入れているのですね。

己越: 何があるのかわからないところが、サッカーのおもしろいところですよね。
リアルのサッカーに近く、自分の理想とするプレイをできるのが、『FOOTBALL DAY』なんです。
テレビを見ていて「どうしてあのメンバーで勝てないんだろう」と思う試合があったら、
自分で配置してプレイすることもできます。
「この選手はフォワードだけど、ポジションを変えてみたらどうだろう」と思ったら、
そのステータスを成長させてプレイしてもおもしろいですよ。
自分が考えていることを再現できるので、サッカー好きには、たまらないゲームだと思います。


――特におススメなのは、やはりサッカーに詳しい方やプレイヤー経験のある方ですか?

己越: サッカー上級者の方はもちろん、TVで見るのは好きだけど、詳しくはないという方にもおススメです。
戦術1つとっても、もちろん細かく設定をすることもできますが、
「攻撃的に」「守備的に」のように、専門的なことを知らなくても指示をだすことができるので、
どなたでも気軽に遊んでいただくことができます。
選手は実名で登場し、写真も見られます。憧れの選手たちを集めてプレイするのも楽しいですよ。

03
▲戦術は、専門的なことはわからないという方でも、簡単に指示をだせるよう工夫されている。


――サッカーに興味をもったばかりの方も気軽に遊べるゲームなんですね。

己越: 詳しい方に満足していただきながらも、
どなたにも楽しんでいただけるゲームにすることには、特に力を入れました。
たとえば、サッカー用語の「アジリティー」は、初心者の方にはイメージしにくいため、
『FOOTBALL DAY』では、「俊敏性」と表記しています。
本作は、韓国で2013年11月にサービスを開始したサッカーゲームの日本版ですが、
ローカライズを進める際、韓国語をそのまま翻訳するのではなく、
どんな言葉に置き換えるともっともわかりやすくて適しているのかを
チーム内で何度も話し合いました。
少しでもしっくりこないものは、代案をいくつもあげ、
翻訳というよりは、1から作り上げていくくらいの気持ちで取り組みました。


●ゲームをしないときも訪れるサッカーコミュニティを作っていきたい

――正式サービス開始より1ヶ月が経過しようとしていますが、評判はいかがですか?

己越: 日本では、スポーツといえば昔から野球のイメージが強いため、
サッカーゲームを受け入れてもらえるのかという不安は、正直なところありました。
しかし、いざサービスを開始すると、そんな心配は一瞬で吹っ飛びました。
すぐにたくさんのお客様がゲームをプレイしてくださって、
掲示板は、サッカーファンのみなさんの熱いコメントでいっぱいで……
私もサッカーが大好きなのですが、1人のファンとしても、
サッカー好きの方がこんなにいらっしゃることが、本当にうれしかったです。
私たちが知らない情報もたくさんあって、楽しく勉強させていただいています。


――試合の勝敗予想など、掲示板を使った投稿イベントなども活発に行っていますね。

己越: 投稿イベントは、平均すると1日で約1,000人ものみなさんに参加していただいています。
現在は、「2014ブラジルグループリーグ」の勝敗予想イベントを
全試合で実施しており、大変盛り上がっています。
サッカー好きの方でしたら共感していただけると思いますが、
試合を見たあと、同じサッカーファン同士で「あの選手すごいね」
「あの試合のここが良かったね」と語り合うのは、すごく楽しいですよね。
だから、『FOOTBALL DAY』も、サッカーの話題で盛り上がれるような場所にしていきたいと思っています。


――ゲームで遊んでいただきたいだけではなく、
サッカーファンが集まる場を作っていきたいんですね。

己越: そうなんです。『FOOTBALL DAY』をゲームだけをする場とはせず、
サッカーコミュニティとして成長させていきたいと考えています。
だから、公式サイトでは、海外のサッカーニュースを掲載し、
TwitterやFacebookでもサッカーの情報を随時、発信しています。
これらの情報を見て気になる選手がいたら、サイト内で検索することもできますので、
ゲームをプレイしないという方にも気軽に遊びに来ていただきたいです。
04 
『FOOTBALL DAY』公式サイトの左側では、選手の検索を行うことや、
海外サッカー情報を見ることもできる。


さらに、今後は、公式サイトで欧州サッカーの公式動画を見られるような対応を進めています。
欧州サッカーは、日本では深夜に行われるため、
そのハイライトを朝のニュースよりも早く掲載している動画サイトを現在探しています。
写真付きの記事は、すぐに配信されるのですが、
サッカーファンならやっぱり選手の動きを見たいので、動画にこだわっています。

05
 ▲5月19日(月)に行われた『FOOTBALL DAY』のプレス向け発表会の様子


●サッカーを盛り上げるお手伝いをしたい!

――お話を聞いていると本当にサッカーが好きというのが伝わってきますが、
やはり小さい頃は、サッカー少年でしたか?

己越: 小学校高学年から高校までずっとサッカー部でした。
中学生の頃は、「サッカーで生きていきたい」と思っていました。
実際は、そこまで上手かったわけではないのですが、サッカーが好きすぎてそんな勢いだったんです(笑)。
現実は、思うようにはいきませんでしたが……

今回、『FOOTBALL DAY』の担当となったきっかけは、
私がサッカー好きということを知っていた部長が声をかけてくださったからなんです。
サッカーに関する仕事ができることは本当にうれしくて、
「好きなことを仕事にできることはこんなに幸せなことなんだ」と実感しつつも、感謝しています。


――諦めた夢が、違った形で叶ったんですね。
小さい頃からサッカーをプレイしてきたとのことですが、
印象に残っている練習はありますか?

己越: 走るのが速くなかったので、ポジションをとるためには、別のところで頑張らなくてはと思い、
木の棒を立ててそれにボールを当てるという練習を1人でひたすら行っていました。
ちょうど、デビッド・ベッカムさんが、2002年のワールドカップで大活躍されていた頃で、
フリーキックの精度が高いベッカムさんのようになりたくて、何度も何度も練習しました。


――サッカーのどんなところに惹かれていますか?

己越: 選手1人1人の特徴がわかりやすく、全員が個性をもっているところです。
ドリブルが上手い人もいれば、フリーキックが得意な人もいて、
そういう個性の強い人が1つの場所に集まってチームワークを発揮していく。
個人のすごい特技が、チームのために生かされ、
勝つという目標に向かい、一丸となって突き進んでいくところが好きです。

06
 ▲プレス向け発表会 フォトセッション


――今後は、どんなことを行っていきたいですか?

己越: 『FOOTBALL DAY』は、お客様同士が試合をしてリーグを制覇していくゲームですが、
お客様がトーナメントを開けるようなシステムも導入したいです。
リアルのフットサルの大会のように、遊びたい人が集まって
みんなでワイワイ楽しめるような場を提供できたらと思っています。
また、先ほどもお話しましたが、ゲームだけではなく、
サッカー好きの人たちが集まれるコミュニティも作っていきたいです。
サッカーの情報が見られるだけではなく、リアルで『FOOTBALL DAY』主催の
フットサル大会なども開催したいですね。
サッカーやフットサルを盛り上げるお手伝いをしていきたいんです。
『FOOTBALL DAY』は、リアルなサッカーを楽しめるゲームなので、
そこから1歩進み、リアルな世界でもみなさんにどう楽しんでいただけるのかを日々考えています。


――ありがとうございました。最後に読者のみなさんにメッセージをお願いします。

己越: 私も、運営チームのメンバーもみなサッカーが大好きなので、サッカーファンの視点で、
サッカー好きな人たちが集まる場を作っていきたいと思っています。
サッカーが大好きで詳しい方も、サッカー好きだけどそれほど詳しくはないという方も、
みなさんが楽しめる場を目指しています。
ゲームで遊びたい方はもちろん、ゲームには興味はないという方も、
サッカーに少しでも関心があるという方は、
『FOOTBALL DAY』にお立ち寄りいただけるとうれしく思います。


【 インタビューを終えて 】
ゲームだけではなく、「サッカーを盛り上げるお手伝いをしたい」
と語る姿がとても印象に残っています。
「ゲームをしなくても公式サイトに遊びに来てほしい」というプロデューサーは、
当社では、私が知る限りは初めてではないかと思いますが、
ゲームという枠を超えて、同じ趣味をもつ人が集まり
楽しむ場を作っていきたいという思いには、深く共感しました。

また、プロデューサーも運営チームのメンバーも、全員サッカーが大好きなので、
夜遅い時間に仕事の話をするつもりが、サッカーの話題で盛り上がってしまい、
「『こんな時間に何をやっているんだろう』と我に返ることもあるんですよ」と楽しそうに語っていました。
サッカー好きのスタッフが、サッカーファンが喜んでくださることを
行っていきたいという『FOOTBALL DAY』。
みなさん、ぜひ一度、サイトを訪れてみてくださいね!


■サッカー戦略シミュレーションゲーム「FOOTBALL DAY」
http://fd.hangame.co.jp/lp2/

■「自分ならではの視点でサッカーの魅力を伝えていきたい」
~サッカー戦略シミュレーションゲーム『FOOTBALL DAY』
ナビゲーターの松原渓さんにインタビュー~
.
http://renewalblog.hangame.co.jp/archives/38607540.html