子供から大人までたくさんの人に囲まれ、その中心で集まった人たちを笑顔にしてくれる。ゆるキャラには、そんなほのぼのとしたイメージがありますが、悲しいことに現実はそれだけではないようです。

足立区(東京都)の文化・芸術を振興する公式キャラとして2007年に誕生するも、わずか4ヶ月で捨て犬状態となってしまったご当地キャラがいます。その名は、アダチン!

001
▲足立区元公式キャラクター「アダチン」。「足立」と日本古来の犬種である「チン」を合わせている。

2013年には区内の民間企業に就職するも、「ゆるキャラグランプリ2014」で公約した100位以内に入ることができず、2度目のリストラの憂き目に。現在は、原作者の青木純さんの事務所に居候しながら、新たな飼い主を探しています。そんな日本一?不遇なゆるキャラならぬ、きつキャラの「アダチン」に現在の心境を伺いました。
002
▲舎人公園にて舎人ライナーを見送るアダチン。


―――まず、自己紹介をお願いします。

アダチン: やあ、ぼくアダチン! 足立区の文化や芸術をPRする区の公式キャラとして2007年に生み落とされたんだチン。その4ヶ月後に就任した今の区長さんに気にいってもらえず、公式キャラから干されて現在も捨て犬状態なんですチン……


―――今は、どこに住んでいるんですか?

アダチン: 普段は原作者の青木純さんのお宅に居候しているチン。ときどき足立区のボランティア「ち~むあだちん」のみなさんに協力してもらって、イベントに参加したりご当地キャラとしての活動を続けていますチン。

003
▲今もイベントにアダチンが参加すると、子供から大人までたくさんの人が会いにくる。公式キャラをはずれても区民からは変わらず愛されている。


―――青木さんや「ち~むあだちん」のみなさんに感謝ですね。

アダチン: 本当にそうだチン! 前の会社をクビになった時は、目の前がまるで夜の舎人ライナー沿線みたいに真っ暗になっただチン…でも今は良いことも少しずつだけど増えてきているチン。例えば、昨年くらいからはSNSで話題になったあとにはそのぶんだけグッズが売れるようになってきて、だんだん確かな手ごたえを感じられるようになってきたチン!

004
▲北千住駅東口からすぐのところにある文房具店「トラヤ」では、アダチンのグッズが購入できる。オンラインではAmazonでも販売中。


―――良かったじゃないですか!

アダチン: とはいっても、まだまだ黒字には程遠いんだチン!ようやくかすかな希望は見えてきたと思っているチン!


―――そういえば今、新党結成により、民主党公認のゆるキャラ「民主くん」がリストラされてしまうのではないかといわれていますね。

アダチン: そうそう、とても他人事とは思えないチン。本当に大人の勝手な事情で僕たちキャラクターの人生をもてあそばないでほしいチン!


―――先輩としてアダチンから民主くんにアドバイスはありますか?

アダチン: 兎にも角にも諦めないことだチン。諦めたらそこでキャラクター生命終了ですよ…チン!

005
▲質問に考えながら回答するアダチン。


―――アダチンが言うと重いですね。諦めなかったから、今がありますからね。アダチンの夢は何ですか?

アダチン: くまモン(熊本県)、ふなっしー(千葉県船橋市)に続いて、ゆるキャラ界で一度は天下をとってみたいチン!


―――そのためにまずは、足立区の公式キャラに返り咲きたいですか? 

アダチン: 以前はそう思っていたけど、あのまま区のキャラクターとして順調だったら得られなかったと思うものが今いっぱいあるんだチン。解雇されて不遇なキャラと言われるけど、この立場に共感してくれたり、本気で応援してくれるたくさんの人たちに出会うことができたチン。区の公式キャラをはずれて見えた世界は意外と広くて、厳しくもあるけど、意外と捨てたものじゃなかっただチン。これからも足立区を盛り上げるためにたくさん活動していきたいチン!

006
▲イベントに遊びにきてチン!


【インタビューを終えて】
取材は、3月5日(土)に足立区の舎人公園で行われた「防災フェスタ」にお邪魔して行いました。アダチンが登場するとたくさんの人たちが集まり、写真撮影や握手などをとおして交流を深めていました。
007
公式キャラをはずれて早9年。ここまで、つらいことも多かったと思いますが、それでも諦めなかったことについて取材の対応をしてくださったアダチンの作者・青木さんは、「アダチンは自分自身が生み出したキャラクターなので、子供のような存在だから」と語ります。イベントに参加するためには、交通費や人件費などがかかりますが、現在は、足立区のボランティアのみなさん(アダチン応援団「ち~むあだちん」)に支えられて活動できていることにとても感謝されていました。

体が大きく毛足が長いアダチン。「もふもふ」という表現がこれ以上合うキャラはいないのではないかというくらいぴったり!(ブラッシング必須で、悩みは抜け毛だそうですが……)写真を見ると迫力があって少し怖そうに見えるかもしれませんが、実際のアダチンは、あちこちから「かわいい」「愛らしい」という声があがるほどですよ! 興味をもたれた方はぜひ会いにいってはいかがでしょうか。次回の登場は、3月21日(月)の元渕江公園「わんフェス」。本物のわんちゃんとアダチン、夢の共演ですね!
008
【アダチン】
東京都足立区の文化芸術を振興する
公式キャラクターとして誕生するも、
新しい区長に気に入ってもらえずわずか4ヶ月で捨て犬状態に。
現在は、新しい飼い主を探しながらも、
ゆるキャラならぬきつキャラ(境遇がキツいキャラ)として、
地元のイベントやTwitterを中心に活動中。
アダチンTwitter
https://twitter.com/adachin_
009

●関連リンク
・前代未聞?! PRしないご当地キャラ埼玉県志木市の「カパル」にインタビュー!
http://renewalblog.hangame.co.jp/archives/46935126.html

・ゆるキャラ(R)グランプリ」を卒業して次のステージへ。
埼玉県深谷市のイメージキャラクター「ふっかちゃん」にインタビュー!

http://renewalblog.hangame.co.jp/archives/46258682.html

・「ご当地キャラクターまつりin須崎」では、人口の3倍近くが来場! 
高知県須崎市のご当地キャラクター「しんじょう君」にインタビュー!
http://renewalblog.hangame.co.jp/archives/46551896.html

・Twitterでついた嘘がきっかけとなり山口勝平さんがCVを担当! 
5年ぶりに再会した大崎のご当地キャラクター 大崎一番太郎にインタビュー

http://renewalblog.hangame.co.jp/archives/45702469.html

・「1人でも多くの人に気づき、笑顔にしたい」
虎ノ門ご当地キャラクター 「カモ虎課長」にインタビュー!

http://renewalblog.hangame.co.jp/archives/43367952.html

・「お互いのことをどう思っている?」ふっかちゃん×カモ虎課長スペシャル対談!
http://renewalblog.hangame.co.jp/archives/46383708.html

このエントリーをはてなブックマークに追加