春は、出会いと別れの季節。会社員のみなさんのなかには、人事異動によりこれまで住んでいた土地を離れているという方もいるのではないでしょうか。

当社は東京で誕生しましたが、事業拡大により、福岡、大連(中国)と拠点が増えていきました。会社が成長していくのはとてもうれしいことですが、それにより転勤をともなう異動もありました。

会社員に転勤はつきものといわれますが、長く暮らしてきた土地を離れ、縁もゆかりもない場所で新生活を始めることに戸惑わない人はいないですよね。そこで、2011年に東京オフィスから現在の福岡本社に転勤した当社スタッフに当時のことについてインタビューを行いました。

001
▲ハンゲーム運営1チーム チーム長 中西洋介


2007年に入社し、東京にて4年勤務したあと、福岡に異動。現在は、ゲーム運営ディレクションやハンゲーム全体のプロモーション・編成などを行うチームを任されています。

福岡に渡り5年が経とうとしていますが、東京と福岡の違い、意外な困っていること、そして、異動経験者としてのアドバイスなど、当社スタッフのリアルをお届けします。


●異動のきっかけは、東日本大震災

―――東京にいた頃と現在の仕事を教えてください。

中西: 東京にいたときは、じっくり系ゲームタイトルのディレクター兼チーム長として、担当タイトルのディレクションを行いつつ、チームメンバーのマネジメントを行っていました。現在は、これらに加え、ハンゲーム全体の編成やプロモーションを行うチームも任せていただいています。


―――いつから福岡で働いていますか?

中西: 2011年5月、東日本大震災の直後からです。当社では、かつては業務の多くを東京オフィスで行っていましたが、震災をきっかけにリスクヘッジが必要という空気が高まり、当時、数10人規模だった福岡オフィスを強化していく方針となりました。そのとき、「一緒に福岡でやらないか」と声をかけていただきました。プライベートでは、ちょうど子供が生まれたばかりで、子育てするのによいタイミングということもあり受けさせていただきました。


―――出身は、どちらですか?

中西: 生まれは大阪です。10歳まで大阪で過ごし、その後はずっと千葉なので、もっとも長く暮らしているのは千葉です。


―――福岡は初めてですが、住まいは、どうやって探しましたか?

中西: 最初に住んだマンションは、先ほどお話ししたような事情があり、探す時間があまりありませんでした。子供が遊べる広さがあることと、予算内におさまることのみを条件に決めました。

そこは、すでに引っ越しており、現在は会社から電車と徒歩で40分程度のところに住んでいます。すぐ近くに大きな公園があり、緑豊かなところも気に入っています。同僚には、徒歩で通っている人もいますが、転勤当時はとにかく忙しく、公私の境目をつけるのが難しかったので、あえて職場から少し離れたところを選びました。電車に乗ると気持ちがリセットされるんです。

002
 


●福岡は物価は安く、食べ物もおいしく住みやすい街

―――福岡での暮らしはいかがですか?

中西: 福岡は人が多すぎず、物価は安く、食べ物もおいしく、とても住みやすい街です。ほどほどの都会というのがいいんです。通勤電車も東京ほど混雑していなくて快適です。もちろん混んでいるときもありますが、東京のように押し込んでまで乗せるほど混むことはありません。東京は、次の電車も混んでいるからみんな目の前の電車に乗ろうとしますが、福岡は1本待てば快適に乗れるので、次の電車を待つ人が多いですね。


―――東京と福岡、社内の雰囲気は違いますか?

中西: 当社は東京と福岡の役割が異なるため、雰囲気は結構違いますね。東京は事業部が中心で、各自が担当タイトルをよりお客様に満足していただけるものにすることに重点を置いています。競争しながら一緒に成長していこうというスタンスなので、スタッフ同士仲は良いのですが、独特の緊張感があります。福岡は、カスターマーサポートやゲームテストなど、同じ業務を行うスタッフが多いため、競争というよりはみんなで協力して高め合っていこうという雰囲気です。若いスタッフが多いというのもあり、和気藹々としています。


―――食事は、いかがですか?

中西: 東京よりも安く、またおいしいものが多くてうれしいです。特に海が近いから新鮮な魚を手軽に楽しめるのが良いですね。スーパーで売っているお刺身でも、東京なら魚をウリにしているお店でだされるくらい新鮮なものばかりで、最初はとても驚きました。

多少困っていることは、ラーメンがとんこつばかりだということですかね(笑)。とんこつは大好きですが、たまにはしょうゆが食べたくなるんですよね。つけ麺屋も東京と比べるとすごく少ないです。

003
 


――観光で行くとうれしいことも、生活するとなると違いますね。食べ物以外で戸惑ったことはありますか?

中西: 来たばかりの頃、バスに乗るとき並ばないことに驚きました。福岡は、全国で最も路線バスが多い都市で、1つのバス停に短い間隔で様々な行先のバスが停車するから、乗り場を分けきれず、並ぶことができないんです。みんな自分が乗りたいバスが来たら、ワッと集まってきます。市内で行きたいところはほとんどバスで行けて、とても便利です。タクシーにあまり乗らなくなりました。


―――休みの日は、何をしていますか?

中西: 今は、女の子3人の父親なので、子供と遊ぶことがほとんどです。よくアニメ「プリキュア」の敵役をやらされています(笑)。また、近くに大きな公園があるので、そこによく一緒に行って遊んでいます。

 004

―――転勤などで新生活を始める方に、経験者としてアドバイスをお願いします。

中西: 生活が変化するので不安も大きいと思いますが、新しい場所は出会いもあれば、これまでになかったような発見もあります。前向きに楽しもうという気持ちを持って臨めば、新生活もきっと楽しくなると思います。また、私のときは震災直後だったのでやむを得なかったのですが、住む場所は簡単には変えられないので、会社に相談してある程度は検討する時間をもたせてもらえるようにしたほうが良いと思います。


―――ありがとうございました。最後になりますが、今、福岡に来てよかったと思っていますか? 

中西: よかったです。福岡は子供を育てるのにとても良い街で、今、家族5人で楽しく暮らしています。ただ……この間子どもをディズニーランドに連れて行くのにひと苦労だったので、東京がもう少し近ければな、とは思いますけどね(笑)。

005

このエントリーをはてなブックマークに追加