春は、出会いと別れの季節。会社員のみなさんのなかには、人事異動によりこれまで住んでいた土地を離れた方もいるのではないでしょうか。

東京から福岡に異動したスタッフへのインタビュー2人目は、ハンゲームのアバター、コミュニティなどに関するお客様からのお問い合わせへの回答を行うカスタマーサポートチームのチーム長です。2008年に入社し、東京にて約3年半勤務したあと、福岡に異動しました。
001
 ▲コミュニティCSチーム チーム長 森田嶺

東京と福岡の違い、福岡に来てよかったこと、大変だったこと、そして、異動経験者としてのアドバイスなど、当社スタッフのリアルをお届けします。


●福岡の家賃は東京の半額程度

―――東京にいた頃と現在の仕事を教えてください。

森田: 東京にいたときは、カスタマーサポート(CS)でお客様と運営チームをつなぐコーディネーションを担当していました。お客様から不具合などのお問い合わせをいただいたとき、CSだけでは解決できないものを運営チームに確認して回答します。反対にお客様からのご意見を運営チームに伝え、時には改善の提案なども行っていました。また、ゲームのディレクションを担当していたこともあり、『SF2』の立ち上げにも携わっていました。

現在は、ハンゲーム全体やアバター、コミュニティ、(グループ会社の)comicoへのお客様からのお問い合わせに回答を行うコミュニティCSチームを任せていただいています。


―――いつから福岡で働いていますか? また、最初に転勤の話を聞いたときは、戸惑いましたか?

森田: 2012年8月です。東京で行っていたカスタマーサポートに関連した業務を現在の福岡本社に移管することになったため、私も福岡に行くことになりました。CS業務の移管は、その少し前から徐々に行われており、自分もそろそろだろうと思っていたので、戸惑ったことは特にないですね。


―――出身は、どちらですか?

森田: 生まれも育ちも東京です。


―――東京以外で暮らしたことはなかったのですね。福岡での住まいは、どうやって探しましたか?

森田: 転勤する1ヶ月くらい前に住むところを探すため、福岡に行きました。わりとすぐに希望通りの物件を見つけることができました。会社から徒歩で通える距離にあり、築2年のマンションの9階です。何よりも良いのは、家賃が安いこと! 東京ならこの2倍はするのではないかと思います。とても気に入っており、一度も引っ越していません。
002

●休日は、東京の友達とオンラインゲームをプレイ

―――福岡に来てよかったことを教えてください。

森田: 社会人としても、人間としても成長できたことです。福岡に来たばかりの頃は、SV(スーパーバイザー)でしたが、除々に仕事の幅と責任の範囲が広がり、現在はチームを任せていただけるようになりました。プライベートでは、実家を離れ1人暮らしを始め、独り立ちできたのではないかと思っています。


―――大変なことや不便になってしまったのはどんなことですか?

森田: 友人の結婚式はほとんどが関東で行われるため、交通費が高くなってしまうことです。
また、年末年始やGWは、学生時代の仲間と集まっていたのですが、東京に戻る交通費が通常よりも割高になってしまうため、参加する機会が少なくなってしまいました。東京に住んでいれば、少しだけでも顔を出すことができますが、離れているとそうはいきませんからね。ただ、最近はLCC(格安航空会社)などがあるので、大型連休を外せば往復2万円以下に抑えることができますよ。


―――福岡での暮らしはいかがですか?

森田: とても住みやすく、食べ物も安くておいしいものが多いのがうれしいです。特に刺身が新鮮で、なかでも唐津で食べたイカの刺身が印象に残っています。イカが透明で臭みがまったくなく、とにかく新鮮なんです。福岡では一般的な少し甘めのしょうゆをつけていただきます。関東出身のスタッフのなかには、この甘いしゅうゆが口に合わないという人もいますが、私は好きです。

003
 

―――では、反対に福岡独特のもので苦手なものはありますか?

森田: うどんですね。福岡のうどんは、コシがなくふにゃふにゃしているんです。私のなかでは、うどんといえばコシのある讃岐うどんだったので、初めて食べたときは衝撃でした。


―――食べ物以外で、東京と福岡でここは違うというものはありますか?

森田: 東京では、公共の交通機関といえば電車ですよね。山手線や地下鉄は、数分間隔で走っていますが、福岡には同じような間隔で走っている電車はありません。その分バスがたくさん走っており、福岡本社で働くスタッフの約半数はバスで通勤しています。また、歩くスピードは、東京よりもゆっくりしているように感じます。他には……そうですね、福岡では「○○なんでしょ?」は、「○○ですよね?」という意味の丁寧語だということ! 異動したばかりの頃、同僚が上司に「今から行くお店(居酒屋)って有名なんでしょ?」と言うのを聞いたときは、びっくりしました(笑)。


―――休日は何をしていますか?

森田: 普段の休みは、オンラインゲームやパチンコです。初めて住んだ土地なので、こちらに友人はおらず、また、同僚と仲良くなってもシフト制で休みが合わないので1人で過ごすことが多いです。オンラインゲームは、東京の友達と一緒にプレイしています。離れたところに住んでいても、一緒に遊べるのが良いんですよね。

長い休みは、友人とよく旅行をしています。九州は見どころが多く、最近では黒川温泉や阿蘇山に行きました。東京ではほとんど運転はしなかったのですが、九州を満喫するためにペーパードライバー講習を受け、タイムズのカーシェアリングにも入会しました(笑)。

004

―――転勤などで新生活を始める方に、経験者としてアドバイスをお願いします。

森田: 東京から地方に転勤される方は、不便なところに行くという感覚があるかもしれませんが、福岡は東京よりも狭いスペースに様々なものが凝縮されているので、何をするにもとても便利です。新宿の次の駅が渋谷、その次が上野のような感覚で、どこに行くにも近いです。中心地から電車で20~30分のところには、海もあります。海の近くに住んでもラクに通勤することができます。これは、東京だと考えられないですよね。知らない土地への転勤は、不安も大きいかと思いますが、住まないとわからない良いところもたくさんあります。新しい土地での生活を楽しんでくださいね。


―――ありがとうございました。最後に今、福岡に来てよかったと思っていますか? 

森田: よかったです。交通の便も良く、安くておいしいものが多くて、とても暮らしやすいです。また、福岡は、自然が豊かで大きな公園もたくさんあるので、特に小さいお子さんがいる方にはぴったりだと思います。


●関連リンク
・「前向きな気持ちをもっていれば、新生活もきっと楽しくなるはず」
~東京から福岡に異動した当社スタッフにインタビュー~ 【当社スタッフのリアルvol.1】

http://renewalblog.hangame.co.jp/archives/47259378.html

このエントリーをはてなブックマークに追加